アナルでオナニーがしたい!アナニーの仕方は?

アナル用大人の玩具

 

「アナニーって本当に気持ちいの?」、「興味はあるけど、アナニの仕方がわからない」、「前立腺刺激を体験したい!!」そんな疑問を持っているアナニー初心者は多いと思います。本記事ではそんな方々のためにアナニーのやり方を紹介していきますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

 

大人の玩具通販
アナルプラグ・アナニー用バイブ

 

アナニーとは?

 

アナニー

 

アナニーとは「アナルオナニー」の略で、アナル(おしりの穴)を使ってオナニー(自慰行為)をすることを指します。アナニーは男性器や女性器を使ったオナニーとは違い、特に男性は、アナニーの際に前立腺を刺激するため、射精を伴わない快感、すなわち「ドライオーガズム」を得ることができます。

 

この「ドライオーガズム」で得られる快感はすさまじいものがあります。実際にドライオーガズムで得られる快感は個人差もありますが、射精オーガズムの10倍から100倍といわれています。

 

しかしドライオーガズムには射精をともなわないため、ハッキリとした終わりが見えない事も多く、最初のうちは分かりにくいと言う声もあります。また、ただ単にアナルを刺激するだけではその快楽は得られません。

 

アナルが快楽を得る為のゴールなのではなく、アナルはあくまで前立腺を刺激する為に通らなければならない道という位置づけなのです。
アナニーをオススメする方としては、普通のオナニーに飽きてしまった方、同性愛者の方、女装が趣味で中イキを体験してみたいという方などにお勧めです。

 

ここまでアナニーの素晴らしいことについてしか書かれていませんが、最初はなかなか感じることができなかったり、やり方もよくわからないなどの声があります。ここではそんなアナニー初心者に正しいアナニーのやり方を解説していきます。

 

アナル開発編〜アナニーのやり方は?〜

 

アナル洗浄

 

さっそくアナニーを始めよう!しかしアナニーを始める際にやらねばならないことがあります。それはアナルを開発することです!いきなりアナルで感じることができる方も0ではないですが、ほとんどの方はアナルで感じるどころか、指すら入れることもままなりません。まずはアナルを開発することから始めましょう。

 

アナル開発を始めよう!!と言ってすぐにアナルに指を入れようとするのはNGです。仮にもお尻の穴は排泄器官なのです。見た目はきれいでも、たくさんの細菌がうごめいています。アナルを開発する前に、まずはお尻の環境を整理しましょう!

 

1.爪が伸びていないか

 

 

 アナニーは基本指を使います。伸びていないのはモチロンのこと、爪の間を清潔に保つことを意識しましょう。最近ではアナニー用に指部分だけのゴム手袋のようなサックがありますので、それを利用するのも良いでしょう。

 

 

2.アナル洗浄

 

 アナルには多くの細菌が常駐しています。表面がきれいでも、中に小さい便が溜まっている場合もあるでしょう。気持ちよくアナニーをするために中身も洗浄しましょう。
洗浄は浣腸で行います。市販のもので十分でしょう。

 

浣腸を使わずに、シャワーの水だけで洗浄をする人もいますが、シャワーは水の勢いが強すぎるため、肛門や腸の厄介な病気になってしまう可能性が捨てきれません。デリケートな部分ですから無茶をするのはやめておくのが無難です。

 

アナル洗浄アイテムを確認する

 

3.アナル開発

 

いよいよアナルの開発です。最初は指を入れていきます。ローションなどを使ったほうが良いでしょう。まず、ひとさし指、または中指を入れてアナルを拡張していきます。こうすることで指の数を増やしていき、器具を入れてもうまく挿入できるようになっていきます。初めての時は緊張して中々指が入らないかと思いますが、ゆっくりと呼吸を整えながら時間をかけて行ってみてください。

 

 

アナニーを始めよう

 

まずは前立腺を探そう

 

最初は面積の小さな小指から入れて、第一関節、第二関節、と根元まで入れましょう。入れる事ができたら、今度は中指を使って挿入します。中指を入れる時も、徐々に挿入していき、第一関節、第二関節と根元まで中指が入ったら後はもう前立腺を刺激するだけです。この中指を第二関節あたりまで挿入した状態で、お腹側のほうに中指を折り曲げます。ちょうど女性のおマンコに指を入れて、Gスポットを刺激するような感じです。手マンするような感じで中指を折り曲げます。そこにあたるポイントが前立腺です。

 

いざ前立腺刺激!!

 

 

探し当てた前立腺を軽く押したり、離したりして、ゆっくりと刺激します。補足として、前立腺を触った感覚は、勃起状態と勃起していない時で多少変わったりします。勃起時はポッコリしたような感じになっているのに対し、勃起していない時は単に筋のような感触になるかと思います。勃起時とそうでないパターンの感覚を覚えておきましょう。

 

徐々に慣れ始めたら、乳首を刺激したり、体勢を変化させたりするなどして、自分の気持ちいいポイントを探し、思い思いのアナニーに発展させましょう。
アナニーは自分が望むシチュエーションをイメージしながら、まずは内なる興奮状態を作り出していく事が大切です。

 

アナニーを行う時は正しい知識と、アナルの環境、体調を考慮して、万全な状態でアナニーに臨みましょう!

 

より背徳的なアナオナ!アナニーにおすすめのアダルトグッズ

 

アナルプラグ

 

 

アナルプラグは製品によって太さや特徴が異なります。初心者向けの太さから徐々に拡張していき、今では立派なアナニーマスターになっている先輩たち(!?)がたくさん存在しています。

 

アナルプラグは快楽を得るというよりも、それに至る課程のトレーニング的な位置づけと言えます。一つの太さに慣れたらもう少し太い物を使用する…といった具合に、自分が目指す拡張具合に応じて使い分けていくと良いでしょう。中にはアナルに挿入するとウサギやケモノのしっぽのように見えるジョークグッズもあります。

 

アナルパール

 

 

これもアナルプラグ同様に、素材や玉の大きさが製品ごとに違います。アナルパールはまるで排せつしているような感覚を楽しむための大人の玩具でもあります。

 

ディルド

 

マニアックワールド

 

初心者がディルドでアナニーをする際はあまり太過ぎる物を選ばない方が良いですが、こちらも0.5mm単位などで色々なディルドが売られているので自分にピッタリのサイズを選びやすいのが特徴です。持続性のあるローションをたっぷり使って挿入するのがおすすめです。背徳感たっぷりのアナニーやプレイをする際のお供にぴったりな大人の玩具です。

 

アナルスティック

 

 

アナルスティックはアナルパールのような形の細身のディルドのようなものです。アナルの拡張や刺激をする際に使用する人が多いです。

 

アナル用ローション

 

 

アナニーをする上で欠かせないのがアナル用ローションの存在です。滑りを良くして肛門付近を傷付けるリスクを軽減させたり、独特のぬるぬる感で更に感度をアップさせる事を可能にします。

 

アナル用バイブ

 

 

前立腺マッサージでドライオーガズムを感じやすく出来る可能性が高いのがアナル用バイブです。アナニーは自分で気持ち良いポイントを探って開発する必要がありますが、アナル用バイブはそれを探すお手伝いをしてくれます。また、うまくキマればディルドやアナルスティックとはまた違った快感をもたらしてくれるでしょう。

 

アナル用バイブ詳細はこちら

 

アナニーがうまく出来ない・気持ちよくない場合

 

アナニーがうまく出来ないとか、気持ちよくない場合はまだうまく開発が出来ず、自分の気持ち良いポイントが探し出せていない可能性があります。また、アナルプラグを購入してみたものの、太くてなかなか入らなかったり意外と大変と感じる人もいるかもしれません。

 

そんな時はアナル用バイブなどで開発と試行錯誤を続けつつ、表面がつるんとした素材のローターなどをアナルに挿入してプチアナニーしてみてはいかがでしょうか?つるんとした素材のアナルバイブでもOKです。

 

 

つるんとしたローターはローションを塗ればアナルに挿入しやすく、前立腺刺激というよりはアナル周辺の刺激になりますが、これとオナホや他の大人の玩具と組み合わせて使うといつもとはまた違った感覚のオナニーが出来ます。

 

大人の玩具やアナニーグッズは千差万別、無数に種類が存在します。アナタの欲望を叶えるベストアイテムは必ずあるはずですので、いつもと違ったアナニー&オナニーを求めて色々アグレッシブに試してみましょう!

 

☆18歳以上の方入口☆
大人の玩具通販

 

 

ディルドおすすめ

 

大人の玩具の処分